アレルケアは妊婦さん、授乳中の方が飲んでも大丈夫?

妊婦さん イラスト画像

アレルケア公式では、妊娠中や授乳期でのアレルケアの利用はデリケートな時期故におすすめはしていないと書いています。

 

しかしアレルケアに配合されているのはL-92乳酸菌と麦芽糖、でんぷん、植物油脂のみ(アレルゲンフリー)ですので、普通の健康食品同様に利用することができると考えられます。

 

むしろ、本来乳酸菌など腸内環境を改善する食品類・サプリメントは妊娠中こそ重要な役割を果たすものと考えられ、積極的に活用したいサプリメントです。

 

妊娠中、授乳中の辛い便秘やアレルギー系対策に

 

妊娠中の大きな健康問題となるのが便秘です。妊娠中は自ずと食事量も減りますし、運動量も減ります。

 

このどちらもが健康的なお通じにとってはマイナスであり、よほど便秘対策をしっかりと行わない限り妊娠中は程度の差こそあれほとんどの方が便秘を患ってしまうという現状があります。

 

便秘により滞留した便から発生する毒素は胎児へも確実に影響を与えるためできる限り速やかに解消したいものですが、とは言え妊娠中は食事も運動も無理はできませんので、そこで有力な便秘対策となるのが乳酸菌の摂取です。

 

アレルケアに含まれるL-92乳酸菌は特異な働きを持つ乳酸菌故に、アレルケア自体が特別に整腸作用をクローズアップされることはあまりありませんが、L-92乳酸菌の働きによるお通じの改善や腸内環境の改善作用は非常に高く、必ずしも便秘改善に最善の生活を行えない妊娠期の便秘対策として非常にお勧めできるものです。とは言え、妊娠時に飲む際には主治医に一度相談してみるのがいいでしょう。