アレルケアとノアレの違い、効果

アレルケアと類似の商品としてヤクルト社のノアレがあります。アレルケアはL-92乳酸菌の効果で体質改善、特にアレルギー症状の改善をバックアップするサプリメントですが、ノアレはKW乳酸菌と言う特殊な乳酸菌によりこちらもアレルギー症状を緩和します。どちらも似たようなサプリメントであり、どちらも有名企業による信頼の置けるサプリメントとなっていますが、ではどちらを選ぶべきでしょうか。

 

おそらくL-92乳酸菌が合う人とKW乳酸菌が合う人がそれぞれいると思いますので、どちらかを使い効果が見られなければもう片方を試すことをおすすめしますが、まず先にお試しいただきたいのはアレルケアです。アレルケアのL-92乳酸菌は臨床実験によりアレルギー反応の緩和効果が実際に確認されています。

 

具体的にはアトピー性皮膚炎と通年性アレルギー性鼻炎、花粉症の三症状において改善効果が確認されており、その効果は確かなものです。

 

KW乳酸菌も試験によってその効果が確からしいことが示唆されていますが、具体的なアレルギー症状に対する臨床試験はまだデータがないようです。そのため、まずは具体的なデータのあるL-92乳酸菌を含んだアレルケアから試してみるといいでしょう。

 

ただし繰り返しになりますが、アレルギーの原因は未だ詳細が完全に明らかになってはいません。そのため、L-92乳酸菌もKW乳酸菌もどちらも手探りで得られた解法の一つに過ぎませんので、両方試すつもりでアレルケアから試しはじめるといいでしょう。