アレルケアと飲み合わせ

アレルケアの有効成分はL-92乳酸菌のみですし、基本的にはアレルケアの区分は食品となっていますので、薬の飲み合わせに関しては特別な心配は必要ありません。

 

ただし、アレルケアは生きた乳酸菌を配合しているため、効果的にこの乳酸菌を腸に届けるためには飲み方を考える必要はあります。

 

他の乳酸菌製品と同様ですが、胃酸が特に多い状態ではアレルケアが胃を通過するとき、多くの乳酸菌が死滅してしまうことになります。そのため、食前でのアレルケア摂取を避け食後に摂取することを心がける必要があります。

 

また一部の薬やサプリメントには中和剤の同時摂取が勧められるほど強い酸性やアルカリ性のものがあり、やはり同時に飲むことでアレルケアの乳酸菌の残存率に影響が出ます。副作用として体質によっては胃が荒れる、などの説明がなされている薬とは飲む時間をずらしたほうが確実です。

 

アレルケアはアレルギー反応の原因となるアレルゲンを完全に廃した、アレルゲンフリーを謳うサプリメントです。ですから飲み方のみならず、体質にもよらず安心して飲んでいただけるような商品となっています。

 

もちろん、アレルギーの改善に効果のあるサプリメントですから逆にアレルギーの発生源となっては困るのですが、食品衛生法で定められた27品目全ての食品由来成分を避けて作られています。

 

アレルゲンは薬との飲み合わせを気にせず飲んでいただけますが、常飲薬をお持ちの方は念のため医師に相談してみるといいでしょう。